テーマ:読書

覚悟を決める!!!!

『自分の感受性くらい   茨木のり子    ぱさぱさに乾いてゆく心を  ひとのせいにはするな  みずから水やりを怠っておいて  気難しくなってきたのを  友人のせいにはするな  しなやかさを失ったのはどちらなのか  苛立つのを  近親のせいにはするな  なにもかも下手だったのはわたくし  初心消えかかる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストレングス・ファインダー

最近 ドラッカー関連の本を読みました。 実践するドラッカー【思考編】ダイヤモンド社 佐藤 等[編著] Amazonアソシエイト by 実践するドラッカー【行動編】ダイヤモンド社 佐藤 等 Amazonアソシエイト by こちらは未読ですが 買ってる(笑) 実践するドラッカー【チーム編】ダイヤモンド社 ピーター・F・ドラッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ちょっと変わった守護天使』

『ちょっと変わった守護天使』 山崎マキコ 文春文庫 ちょっと変わった守護天使 (文春文庫)文藝春秋 2010-08-04 山崎 マキコ Amazonアソシエイト by 自分の家にある本から先に読むって言ってたのに・・・ 本屋で見つけちゃったから ついつい 連れてきちゃった。 そして、 いっき読み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ためらいもイエス』

『ためらいもイエス』 山崎マキコ 文春文庫 ためらいもイエス (文春文庫)文藝春秋 山崎 マキコ Amazonアソシエイト by 山崎さんの作品は、 『さよなら、スナフキン』で出会い、 けっこう好きなタイプの作家です。 今はこのお話が一番好きかも。 一度読んだけど、今回は再読です。 他作の『声だけが耳に残る』…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

図書館

久しぶりに県立の図書館に行ったら、 駐車場で30分待ち…(>ε<) 県立なんだから、もうちょい広い駐車場必要だよ(`ε´) 今日は最近気になってる“図像学”関係の本を数冊。 ちょいと難しい本達だけど、久々に勉強してみるかなぁp(^-^)q
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『太陽の坐る場所』

『太陽の坐る場所』 辻村深月 文藝春秋 ん~これはミステリーに属するのか 辻村さんは初めて読むんだけど、 一度読み終わった後に もう一度読み返す みたいな感じ。 私の記憶力(理解力か??)が足りないからだとは思うんだけど・・・ 結局 キョウコってどんな子なの?? 多分キョウコがどんな子なのかよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DVD三昧

ここ1週間ほどDVDを観てました。 私は邦画が好きなんですが、 原作がある映画って 原作を先に読んじゃうと、 イメージがついちゃってガッカリってことありません?? でも 伊坂幸太郎さんが原作の映画は 今まで観たものは全てハズレなしでした!!{%女の子イイヨ!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『別冊 図書館戦争Ⅰ』

『別冊図書館戦争Ⅰ』 有川浩 メディアワークス あぁぁ やってしまった どうも。 只今 絶賛『図書館戦争』キャンペーン中の はっちです。 何をやってしまったのかといいますと・・・ 図書館戦争シリーズ第2弾の『図書館内乱』を まだ読み終えていない というか まだ1章目だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『図書館戦争』

『図書館戦争 図書館戦争シリーズ①』 有川浩著 角川文庫 意地になってしまい 明け方!?3時過ぎまで読みふけってしまいました・・・・・・。 図書館+戦争 ってんだから 硬いちゃぁ硬いんだよなぁ でも 隊員達のやり取りは面白い 途中 漢字だらけの難しい決まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『クジラの彼』

『クジラの彼』 有川浩 角川文庫 ベタ甘 ラブコメ 最高~ヽ(´∇`)ノ 有川さんの書く男の人って ホント私好み!! 短編集なんだけど どのお話もすごく素敵♪ 自衛隊って 私の住む街では結構身近で 自衛隊の方々をよく見かけたりするんだけど、 詳しい仕事内容は全く知らないんだよね~ だから 初めて知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『吉野北高校図書委員会3』

『吉野北高校図書委員会3 トモダチと恋ゴコロ』 山本渚 かずらの恋の行方が気になって 2を飛ばして3から読んじゃった このシリーズを読んでると 否応なしに学生時代の恋を思い出す 今振り返ると あの頃好きだった人よりも いつもバカ言って ふざけあって 飾らない私 素の自分でいられた 男トモダチの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『阪急電車』

『阪急電車』 有川浩 著 幻冬舎 2010年2月6日に一度読み終わっていたんだけど、 映画が公開らしい、 好きなお話だったのでもう一度読み返してみました。 阪急線の電車内で起こる小さな物語の数々。 日常の中に幸せがあるんだなぁー って感じさせてくれる物語ばっかり。 読…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『吉野北高校図書委員会』

『吉野北高校図書委員会』 山本渚 著 MF文庫ダ・ヴィンチ 正に青春だよなぁ 切なくて 不器用で でも 爽やかで “久しぶりに、そんな恋愛がしたいなぁ” なんて、 アラサーの私なんかが思ってちゃぁいけないのかもしれないけど… というか、今更どんなに足掻いても こんな爽やかな恋愛は出来ないのかもしれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『私が結婚できるとは イグアナの嫁2』

『私が結婚できるとは イグアナの嫁2』読了。 ホント今はマンガみたいな軽いものばかりだ(笑) でも、作者のテンさん見てると、勇気がもらえるっていうか、私でも結婚できるかも~ っていう希望みたいなものが見える~(●^o^●) あんまり気負わず、結婚したら幸せになれるんだ~っていう幻想は捨てて 一緒に幸せに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲット本

昨日 買った本たち 『ツレがうつになりまして。』 細川貂々 幻冬舎文庫 『その後のツレがうつになりまして。』 細川貂々 幻冬舎文庫 『イグアナの嫁』 細川貂々 幻冬舎文庫 『がんばりません』 佐野洋子 新潮文庫 『自分がわかる909の質問』 サルバトーレ・V・ディダート著 渡会圭子訳 宝島社 『マイ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ツレうつ』2冊

昨夜(というか今日か・・・)は結局眠りづらかったので、 『ツレがうつになりまして。』 細川貂々 著 幻冬舎文庫  『その後のツレがうつになりまして。』 細川貂々 著 幻冬舎文庫 を夜な夜な読んでいた。 前々から気になっていた本だし、 昨日は給料日(休職中でも貰えるなんて本当に恵まれているんだけど)だったので、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週刊ブックレビュー

今日、気になった本は 『オスカー・ワオの短く凄まじい人生』 ジュノ・ディアス 著  都甲幸治 久保尚美 訳 新潮社 『珍獣の医学』 日向健一 著 扶桑社 『本質を見抜く「考え方」』 中西輝政 著 サンマーク出版 『空白の五マイル チベット、世界最大のツアンポー峡谷に挑む』 角幡唯介 著 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

続 『カラフル』

昨日読了した『カラフル』 あれから  勉強したい意欲がムクムクと湧き 23時過ぎから 『「読む・書く・話す」を一瞬でモノにする技術』 齋藤孝 大和書房を読み進めてしまった。 途中で  あまりの眠さにダウンしてしまったが・・・ その中で 「情報の記憶は、自分をくぐらせて記憶する」 「『これ!』という情…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カラフル』

『カラフル』 森絵都 文春文庫 「今日と明日はぜんぜんちがう。 明日っていうのは今日の続きじゃないんだ」 真の親友早乙女くんの言葉 まさに 今の私への言葉 楽しいことも 辛いことも 今 起こっていることで それがずっと続くことはない 『今日は今日』って 母親にも言わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more